レーザー脱毛の始まり

医療系のクリニックや医院でしか施術することの出来ないレーザー脱毛。
サロンでは体験できないからこそ興味があるし希少価値がありますよね。
ではレーザー脱毛とはどんな処理方法なのか、歴史から紐解いてみましょう。

日本人でも使用可能なレーザー脱毛のマシンが作られたのは1997年と言われています。
ハーバード大学のメラニー・グロスマン博士が1996年にルビーレーザーを使ったレーザーマシンが開発されたのが始まりだと言われています。

それ以前にはロックス・アンダーソン博士が研究を開始し、選択的高熱治療という論文を出し、レーザーを皮膚の毛根のメラニンのみに反応させ破壊するということは、当時は非常に難しいことだったようです。
その研究を引き継いだのがメラニー・グロスマン博士で、皮膚を傷めることなく、毛根だけにダメージを与えるレーザーマシンを作り出すことが出来たのです。

当初のルビーレーザーは白人向けに開発されたものだったので、日本人には合わないものでした。
しかし、日本でも普及を、ということになり、1997年に日本人向けのレーザー脱毛マシンが完成したのです。
ですからレーザー脱毛が急速に普及したのはここ10年ちょっととなり、電気脱毛と比べるとまだまだ歴史は浅いと言えます。
今ではメジャーとなっていますが、20年前にはなかったものなので、導入された当初は挙って若者の間には人気があったそうです。

また、レーザーマシンは年々進化したものが開発されており、国内でも開発されていますから、徐々に改善や使用感がよいものが出てきており、安全安心して脱毛を受けることが出来るようになってきました。
おすすめ部位は全身のなかでも剛毛なワキとVIO(アンダーヘア)、足。
産毛がある背中と腕は不向きなような気がします。
あと、今も顔は安全面からおすすめできません。
自分の体質、毛質に合うかを見極めるためにも体験される方は、まずは落ち着いてカウンセリングを受けてみましょう。
今のところ川越に目ぼしいクリニックはありませんが、埼玉では大宮に有名クリニックが点在しています。
しっかり相談して栄光ある美肌を手に入れましょう。