光脱毛の種類(特徴)

光脱毛と呼ばれるものは、殆どが脱毛エステで取り扱われていますが、お店によって名称が異なったりします。
大きく分類するとS.S.C脱毛IPL脱毛プラズマ脱毛コスモライト脱毛の4つに分けることが出来ます。

<脱毛効果>
この4種類に関して内容は殆ど変わりません。
レーザーは種類によって特徴を持ちますが、光に関しては大幅な差があるわけではないのです。
4種類とも同じように光を放ち、フラッシングするだけです。

<光脱毛=フラッシュ脱毛>
光脱毛は必ずフラッシュする仕組みになっていますので、呼び方はどちらも自由です。

<なぜフラッシュするのか>
光は一定にとどまると燃えてしまいますので、アンダーヘアなど大事な肌を保護するために素早くフラッシュする仕様となっています。

<痛みはあるのか>
フラッシュ脱毛は最も痛みが少ないと言われている機器です。

<処理能力>
拡散性を持っているので照射面積が広く、一度に照射可能で脱毛がスピーディとなります。

<安全性>
歴史はまだ浅いので、永久性や安全性は実証されていないのですが、照射する前にジェルを塗るなどの対策を各エステサロンで配慮しています。


 

ここからは、ほんの少しの特徴があるとしたらどういうところだろう?と著者なりに分析してみました。

IPL脱毛は基本的に、強烈、瞬間的な光を用いた機器となります。
1998年に日本に入ってきた新しい脱毛法です。
距離が遠く離れるほど拡散し、1回の施術面積も広く、一瞬の照射でオンオフを繰り返しますから皮膚の表面温度をあげずに痛みを極力抑えることが出来ると言われています。

プラズマ脱毛は光を拡散させないので、光が均一に毛根に伝わるという特徴があります。
しかし照射面積は狭いので、短期間で施術を終わらせることは出来ません。

またコスモライト脱毛に関していえば、医療レーザーと異なり拡散性を持っているので短時間で広範囲のムダ毛処理が可能となります。
従来のフラッシュ脱毛と異なり、ヤケドしにくいというメリットがあります。

SSC脱毛はビーンズジェルというものを使い、その特殊なジェルによって処理を行うと同時に、美肌を手に入れた感覚が残ります。

その他、ハイパースキン脱毛と呼ばれる、特殊な光線を照射し、皮脂腺部の発毛因子を減退させ、毛母細胞の形成後のケラチンたんぱく質にも作用し、結果、毛が生えにくくなるというものがあります。
トリートメント能力の備わった光線なので、美肌効果もあります。

光脱毛とひとえに言っても、色々な脱毛法がありますから、脱毛サロンを選ぶ場合はどの脱毛方式を取り入れているか、自分に合っているのはどれかをチェックしておく必要がありますね。